haroblog

ニューオリンズ在住トロンボーン吹き
Haruka Kikuchi 菊池ハルカ
2016.08.25 Thursday 15:01

August 23. Presavation Hall 初出演

今夜は、私がこの地球上で一番憧れているライブハウス、プリザベーションホールに初出演させていただきました。

ニューオリンズの老舗中の老舗。
それも、ニューオリンズが世界に誇る素晴らしいドラマー、Shannon Powellのバンドのトロンボーンとして。

今まで、シットインはなんどもあるけど、せめて人生で一回くらい、メンバーとしての出演があればいいなぁと夢見てたステージから見た3時間は、信じられないくらい素晴らしい時間でした。



実は直前も別のライブあって、
プリザベーション遅刻したくないから、ライブ途中で抜けたのにもかかわらず応援してくれて、
プリザベーションには友だちも応援に来てくれて、踊ってくれて、
帰りに、最初のライブハウスに歩いて帰ってきたら、別の友だちがまたライブやってて、
ニューオリンズは、私にとって本当に幸せなところでした。
14年前の8月
高校1年生の夏休みに組んだジャズバンドで覚えたTiger Rag、いつの間にか私のシグニチャーソングになっていて、今日もリクエストで2回やらせていただきました。

「2016年8月23日、
俺はハルカのプリザベーションホール初出演の時に一緒にいたんだぜ!って、将来自慢するから、有名になれよ!」
と面白がるトランペットのKevin Louis。

私は、有名になりたい!とかは、ニューオリンズに来てから不思議と全く思わなくて、

ただただた、ニューオリンズのミュージシャンとして長く生活していきたい。だから、演奏してくれるみなさん、遊んでくれるみなさん、見守ってくれるみなさん、いつも本当にありがとう。
明日からも頑張ります!!!

【お知らせ】

My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪

https://www.facebook.com/harombone

トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。

www.harombone.com


2016.08.12 Friday 18:36

Cha Wa Tour in August : Day 3, 4

8月12日 金

まずは、地元ラジオ局 WMSEに出演。

その後は野外フェスティバルへ。
Summer Sounds -Cedarburg, WI

トラックを改造した楽屋が、とにかく素敵すぎました!
遊ぶインディアン3人。

動画を撮影しています。


スーザフォンのCliffは、ダウンタウン(9th Ward)のFlag Boyらしいです。


わたしも、勉強不足ゆえ不明な点が多いのですが、知ってる限りのニューオリンズ・マルティグラ・インディアン用語を…

UPT…Uptownの略。
ニューオリンズのマルディグラ・インディアンは、ざっくりUptown(17th Ward)組とDowntown(9th Ward..?)組に分かれるらしい。
その他に、川向こうのウェストバンク組とかもたぶんいらっしゃいます。

Mardi Gras Day…マルディグラ。この日がインディアンのお正月。

Super Sunday…アメリカ的には「アメリカン・フットボール(NFL)の頂上決戦、Super Bowlのこと」ですが、ニューオリンズ的には別の意味。
19世紀から伝統的に続いていて、St. Joseph's Day(3月19日)に1番近い日曜日に、各トライブ(部族、歌舞伎で言えば〜〜家、といった完全世襲制。)が一斉に揃う、年に一度の祭典。

Spyboy…インディアンの役職のひとつ。詳しくは、調査中。Cha Waの現リードボーカル Jwan はSpyboy。いつからSpyboyなのかと聞いたら、1歳の時からで、生まれてから1年間は違ったらしい。なぜ!?調査中…。

Flagboy (Gang Flag)…インディアンの役職のひとつ。

Second Chief…インディアンの役職のひとつ…?

Big Chief…インディアンの役職のひとつ。そのトライブ(部族)で1番偉い人。
いろいろな役職の段階を経て、Big Chiefになるわけではなく、Big Chiefに何かあったとき(おもに亡くなった時) 誰かが次のBig Chiefに選ばれるらしい。

わからない事が多すぎる。。

時間をかけて調査します。。

肝心のフェスティバルは、大雨!
普段は2000人ほどのお客さんがいるそうですが、この日は15人ほど…

それでも、雨の中楽しいステージとなりました。ありがとうございました。

8月13日 土

Dakota Jazz Club -Minneapolis, MN

グラミー賞受賞経験のある大人気バンド、Rebirth Brass Bandとの組み合わせライブでした。

前日にライブしていたGlen David Andrewsも一緒に、楽屋前でトロンボーン大集合。




Cha Wa!!!


Rebirth Brass Band!!!

2nd Setは新曲も多く全部わからなかったけど、1st Set(わたしが酔っ払う前ともいう)のRebirth Brass Bandは、

exactly like you
caredonia
all blue
jambalaya
mardi gras in new orleans
i got a woman
i'm walkin'
it's all over now
allways there
do watcha wanna

といったトラディショナル中心のセットリストで、とーーーーってもよかった!

だって、このリズム隊!
とにかく楽しく、幸せな最終夜でした。

ありがとうございました。


翌日、朝の10時にミネアポリスを出発し、翌日の朝8時にニューオリンズ着きました…。

20時間ドライブ。
距離は、函館と福岡くらい。

その3時間後の朝の11時から、バーボンストリートで、ジャズトリオやってきた!

さすがに、身体がちょっと疲れました。笑

【お知らせ】

My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪

https://www.facebook.com/harombone

楽屋に置いてあった、1988年ジャズフェスティバルの写真!カーミットも若い^ ^
トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。

www.harombone.com


2016.08.12 Friday 18:34

Cha Wa Tour in August : Day 1, 2

6月から毎月ツアーに出かけている、
マルディグラ・インディアンのファンクバンド「Cha Wa」に今月も参加させてもらいました。

8月10日 水
前日、友達の誕生日なので夜中2時まで飲んでいたけど、
頑張って朝4時起きして出発!
初日は9時間ほどかけて、ナッシュビルへ。
Music City Roots -Franklin (Nashville), TN
インターネットテレビの生放送音楽番組に出演しました。



お客さんもたくさん、バンドも4つ出演。

レビュー記事はこちら。(英語ですが。)

http://musiccityroots.com/blog/melting-pot-mcr-8-10-16/

私に関して、
..the band’s not so secret weapon is badass danger lady Haruca Kikuchi on trombone..
と書いていただいています。名前、少し惜しいけれど!

また、動画もあります。
http://youtu.be/e8dsqNXYYgY

最後に、ブルーグラスの大御所の方々と、「聖者の行進」をセッションしたのが楽しかったです!

ショーの後は、ダウンタウン Printers Alleyにある「Skull's Rainbow Room」へ。

バンドの生演奏で踊るバーレスクショーは、アメリカで見た中でいちばん良かった!
(ニューオリンズにもコミュニティーあるし、サンフランシスコでも見たけど、ここのクラブは、バンドとダンサーが完全に一体となったショーだった!素晴らしかった。)

この後、飛び入り演奏させてもらいました。

今度はお客さんで来たい。

8月11日 木
ふたたび6時の早朝出発。
もう1人のインディアン、Spy Boy ”Shotgun Slim” Kevinも合流。

自撮りにいそしむ、インディアン3人組。

Fitzgeralds -Berwyn (Chicago), IL


ニューオリンズ(ルイジアナ州)地ビールのABITAの提供で、フリー野外コンサート。

ガンバも美味しかった! 暑かったけれど、大勢のお客さんと一緒に大パーティーでした。


また、この日亡くなった、Jwanのおじさん Uncle Larry Boudreaux (Spy Boy of Black Eagles) を追悼して、Indian Redというインディアンの曲を演奏しました。

普段からやっている曲ですが、Jwanの説明によると…
「マルディグラ・インディアン(もともとはネイティブアメリカン)の全ては、マルディグラの日(キリスト教の謝肉祭)に始まる。

マルディグラの日は、1年かけて準備したその年のスーツ
(…インディアンの、あの羽の付いた衣装。でも、衣装やコスチュームとは呼ばず、インディアン・スーツと呼ぶのが正しい。…)
を着て、みんなで集まって歌い、
この曲はその日の最後、
無事に帰れるように願いを込めて演奏する。

無事に帰る、というのは家に限らないので、
インディアンの誰かが亡くなった時にも演奏する。」

らしいです。
知らなかった!

【お知らせ】

My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪

https://www.facebook.com/harombone


トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。

www.harombone.com

Check

<<new | 1 / 216pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
LINK