ニューオリンズ在住トロンボーン吹き
Haruka Kikuchi 菊池ハルカ
Mardi Gras 2020
昨年の11月ごろより、ありがたいことに仕事が忙しく、なかなかブログを更新できていませんでした…

忘れないうちに、今年のマルディグラの思い出を書きます!


Mardi Grasの日は、
イースターに左右されるため、毎年若干の変更がありますが、

カーニバルは必ず毎年1月6日に始まります。

この日はTwelfth Nightと呼ばれ、

Mardi Grasの名物キングケーキの解禁日。
そして、夜にはジャンヌダルクにまつわるパレードもあります。



今年は、
解禁日をお祝いして、音楽フェスティバルをやっていた、
地元で人気のパン屋さん Bywater Bakery に行きました。



この日だけで、キングケーキ1500個売れたみたいです!

ニューオリンズが、本当に大好き!と思える日でした。

Mardi Grasでは、通常Krewe du Vieuxのパレードを皮切りに、
2-3週間のパレード期間があるのですが、

今年はパレードの順番がイレギュラーだったり、

人気ゆえに、大きなパレードで不幸な事故が相次いだりと、

いつも以上にcrazyな年でした…



パレードがあると、こういう出店も増えます。

このお祭り感が、なんとも好きです。

そして、綿あめって、1921年にニューオリンズの歯医者さんが発案したらしいです!!


今年は、Disney+ で人気のMandalorianにちなんだ小道具、作りました!


パレードでは、ビーズ以外にも、
それぞれのクルーのオリジナルグッズがもらえます。


Mardi Grasの前日は、豆のパレードのために、家にあった豆でトトロも作りました…


豆のパレード、red beans paradeは、
月曜日にred beans & riceを食べることに由来しています。


パレードで、こんな素敵な仮装の妊婦さんにも出会いました。




そして、今年のMardi Gras当日は…



なんと!Rexのパレードの仕事でした!



光栄すぎます。

マルディグラ期間中、さまざまなクルーのパレードがありますが、

1872年から続くRexは、king of carnival、
全てのクルーの王様です。

(私、これをZuluと対峙するクルーだと勘違いしていました。お恥ずかしい。)

伝統があるだけに、色々なしきたりがあり、

テーマ曲もあります。

Rexのキングやクイーンの家には、
特別な旗が飾られていたり、
歴代のキングやクイーンのための特別席が、ホテルの横に作られたり、

市長がキングに挨拶するために、何度もパレードが中断するなど、

もう、このクルーは王室のような感じでした…

あと、基本的に女性のクルーはいないので、
基地にも女子トイレ無し、

Rexのクイーンは、フロートに乗らないので、

今年Rexのフロートに乗っていた女性は私だけだったようです。

8時の集合、9時に乗り込んで10時すぎにスタートからの2時にゴールまでトイレに行けないので、

この日は全然飲みませんでした!



スタート地点のアップタウンは、割と平和でしたが、

ダウンタウンに近づくにつれ、
街の様子がいつもと全く違う!
これぞ、Mardi Grasの大混乱!といった感じでした。


テントの下では、それぞれお父さんたちが、もれなくバーベキューをしています。



Canal Street、ででん!


写真では伝わらないと諦めてしまいましたが、もう、とてつもない瞬間がたくさんありました。

学生のブラスバンドに、感動したり、

人々の熱狂に圧倒されたり、

Rexの伝統あるロイヤリティーに感心したり、


本当に、ニューオリンズが大好きだと思える日でした。

家に帰ってからも、元気だったので、

熱気あふれる近所を散歩して、
この日のために手作りした、
新しいスーツをお披露目するMardi Gras Indianを見かけたりしました。


Happy Mardi Gras 2020!!


翌日、Ash Wednesdayは、
別の世界に来たかのような静けさです。



近所の鳥に、パンをあげたり、
ごくごく普通の日常に戻りました。

【お知らせ】
My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪
http://www.facebook.com/harombone

トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。
www.harombone.com


- / comments(1) / trackbacks(0)
JAPAN: NEW ORLEANS COLLECTION SERIES Vol.9 & 10
ご無沙汰してます。
今回は、2つのレコーディング同時リリース(オンライン配信)のお知らせです。

"JAPAN: NEW ORLEANS COLLECTION SERIES Vol.9"
Feat. Kensuke Shintani : Clarinet (from Tokyo, Japan)



photo by Yoshitaka Tsuji


iTunes Download (and Apple Music)
https://itunes.apple.com/us/album/japan-new-orleans-collection-series-vol-9-single/1438922192

BandCamp
http://harombone.bandcamp.com/album/japan-new-orleans-collection-series-vol-9

CD Baby MP3
http://www.cdbaby.com/cd/harukakikuchi12

released February 25, 2020

Kensuke Shintani : Clarinet
David Boeddinghaus : Piano
Tom Saunders : Bass & Tuba
Haruka Kikuchi : Slide Trombone

Recording Date : January 15th 2020
Tim Stambaugh : Recording & Mixing
David Farrell : Mastering Engineer


"JAPAN: NEW ORLEANS COLLECTION SERIES Vol.10"
Feat. Tomomitsu Maruyama : Banjo (from Tokyo, Japan)



photo by Bobby Bonsey


iTunes Download (and Apple Music)
https://itunes.apple.com/us/album/japan-new-orleans-collection-series-vol-10-single/1438922192

BandCamp
http://harombone.bandcamp.com/album/japan-new-orleans-collection-series-vol-10

CD Baby MP3
http://www.cdbaby.com/cd/harukakikuchi13

released February 25, 2020

Tomomitsu Maruyama : Banjo & Vocal
Mitchell Player. : Bass
Shannon Powell : Drums
Haruka Kikuchi : Slide Trombone

Recording Date : January 16th 2020
Tim Stambaugh : Recording & Mixing
David Farrell : Mastering Engineer


日本とニューオリンズのミュージシャン交流プロジェクト
”JAPAN: NEW ORLEANS COLLECTION SERIES” 。
第9弾と第10弾のゲストは、
1月にニューオリンズで開催されたDanny Barker Banjo & Guitar
Festivalに来ていた、新谷健介さんと、丸山朝光くんです!

日本で「ハチャトゥリアン楽団」のメンバーとしても、お馴染みですね。


この企画を2016年から始めた際、
絶対にゲストに迎えたい2人だったので、嬉しいです。


ぜひ、お聞きいただければ、幸いです!

こちらの音源は、現在ダウンロード配信のみですが、
みなさんのダウンロードを励みに、


ついに…4月にコンピレーションCDを発売します。

CDでは、全曲は収録しない予定なので、ぜひ、オンラインで全曲バージョンを!


そして、CDにはボーナストラックを収録予定です。


どうぞ、お楽しみに!




フェスティバルでは、
日本からもう1人、Danny Barkerに息子と可愛がられていたピアノの東海林幹雄さん、

ニューオリンズからは、毎年5月の浅草HUBでお馴染み、ベースのNobu Ozakiさん、

毎年夏に日本で演奏しているドラムのGerald French、

数年前、私がまだ日本にいた頃、ハチャトゥリアン楽団とも浅草で共演したトランペットのGregg Stafford、

そして私のトロンボーンで、一緒に演奏させていただきました。

【お知らせ】
My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪
http://www.facebook.com/harombone

トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。
www.harombone.com


- / comments(0) / trackbacks(0)
October 2019
前半は日本で楽しく過ごした10月、
後半はニューオリンズでのライブあり、
ツアーありでした。

10月17日 木

ここ1年半?2年くらい、
木曜日はMaison Bourbonにいるのですが、(最近は毎週はいません)、
店内がすっかりハロウィンになっていました。

10月18日 金
Frenchmen St.にあるMaisonからの、
月に一度のSpotted Catでした。

この数年間、自分のバンドでも何度も一緒に演奏している、親友Albanieちゃん、

この度ニューヨークに引っ越すことになって、
この日(しかも彼女の誕生日)が最後の共演でした。


正直、寂しい!

去年の今頃は、出産直前、直後で、
もうバタバタでしたが、

例えば2年前と比べてもニューオリンズのライブシーンってすごく変化があって、

レギュラーが変わっていたり、
ある人は引っ越したり、
病気でなかなかライブできなくなっていたり、
ファミリーバンドが離婚して解散してたり、
ニューオリンズで、昔から変わらずって思われているけれど、
みんな年もとるし生きて限り色々変化するし、
(例えば、日本にも来たことのあるあるミュージシャンは、
数年前に捕まって、もう生きているうちにはプリズンから出られないらしい、、、)

そういう、なんていうか、
みんな「今」を生きている感が強すぎて、
本当、数年後どうなっているのか全くわからないなぁというのを、

ひしひしと感じている今日この頃です。

(なので、よく日本人の方に、
ずっとニューオリンズ住むんですか?と聞かれても、
将来のことなんてわからなくないですか?と思ってしまう。)

まぁ何が言いたいかというと、
人生は生きている人のものだから、
その人が幸せだったらオッケー!って思ってます!

Albanieちゃん、次に会うのはニューヨークかなぁ?


10月24日 - 28日
Pismo Jazz Jubile

去年は出産予定日直前で不参加でしたので、2年ぶりのフェスティバル!

LAの空港も、ハロウィンで可愛い!

さて、LAに着いたのは夜10時で、
ここからPismoまで運転頑張ったよ!


夜食に、道中ハンバーガー!
アメリカっぽい…!


演奏の写真、あんまりないんですけど、
一昨年来た時は寒い印象でしたが、
今年は暖かく、ビーチもとても綺麗でした。


フェスティバルが用意してくれるモーテルを断って、みんなで民泊しました。

彼氏(カリフォルニア在住)を連れてきていたDizzyちゃんが、朝ごはん作ってくれた。


仲良しTuba Skinnyも一緒だったよ。



お腹が空いたら、会場近くのタコス屋へ。
5回くらい行った!
オーナーの奥さんが日本人の方らしく、日本語で話しかけられたよ。


ここも、コーヒー買いによく行ったHoneymoon Cafe (名前が可愛い)!!

この、アルコールを外で飲んではNGという文化、ツアーに出るようになるまで私は知らなかったんです。
だって、ニューオリンズはOKだから。


カフェのメニューで困ったら、いつもアボカド・トースト。



全部で7ステージほど、楽しませていただきました!

ありがとうございました。


最終日の夕方、ここが地元のMollyちゃんの実家の近くのオクトーバーフェストに遊びに行きました。


バンドメンバーで、お揃いのナイフのピアスを購入。


ビーチのお散歩も素敵でした。

10月29日 火

10月はじめは、島根県松江市にいましたが、
今度は松江市から、小泉凡さん、佐野史郎さん、山本恭司さんがニューオリンズのTulane大学で公演をされていたので、
見に行きました!

小泉八雲の「怪談」。

松江でお会いした皆さんと、ニューオリンズで再会できてとても嬉しかったです。

充実の10月でした。



【お知らせ】
My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪
http://www.facebook.com/harombone


トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。
www.harombone.com



2019 New Orleans' Life / comments(0) / trackbacks(0)