ニューオリンズ在住トロンボーン吹き
Haruka Kikuchi 菊池ハルカ
Cha Wa Tour in August : Day 3, 4
8月12日 金

まずは、地元ラジオ局 WMSEに出演。

その後は野外フェスティバルへ。
Summer Sounds -Cedarburg, WI

トラックを改造した楽屋が、とにかく素敵すぎました!
遊ぶインディアン3人。

動画を撮影しています。


スーザフォンのCliffは、ダウンタウン(9th Ward)のFlag Boyらしいです。


わたしも、勉強不足ゆえ不明な点が多いのですが、知ってる限りのニューオリンズ・マルティグラ・インディアン用語を…

UPT…Uptownの略。
ニューオリンズのマルディグラ・インディアンは、ざっくりUptown(17th Ward)組とDowntown(9th Ward..?)組に分かれるらしい。
その他に、川向こうのウェストバンク組とかもたぶんいらっしゃいます。

Mardi Gras Day…マルディグラ。この日がインディアンのお正月。

Super Sunday…アメリカ的には「アメリカン・フットボール(NFL)の頂上決戦、Super Bowlのこと」ですが、ニューオリンズ的には別の意味。
19世紀から伝統的に続いていて、St. Joseph's Day(3月19日)に1番近い日曜日に、各トライブ(部族、歌舞伎で言えば〜〜家、といった完全世襲制。)が一斉に揃う、年に一度の祭典。

Spyboy…インディアンの役職のひとつ。詳しくは、調査中。Cha Waの現リードボーカル Jwan はSpyboy。いつからSpyboyなのかと聞いたら、1歳の時からで、生まれてから1年間は違ったらしい。なぜ!?調査中…。

Flagboy (Gang Flag)…インディアンの役職のひとつ。

Second Chief…インディアンの役職のひとつ…?

Big Chief…インディアンの役職のひとつ。そのトライブ(部族)で1番偉い人。
いろいろな役職の段階を経て、Big Chiefになるわけではなく、Big Chiefに何かあったとき(おもに亡くなった時) 誰かが次のBig Chiefに選ばれるらしい。

わからない事が多すぎる。。

時間をかけて調査します。。

肝心のフェスティバルは、大雨!
普段は2000人ほどのお客さんがいるそうですが、この日は15人ほど…

それでも、雨の中楽しいステージとなりました。ありがとうございました。

8月13日 土

Dakota Jazz Club -Minneapolis, MN

グラミー賞受賞経験のある大人気バンド、Rebirth Brass Bandとの組み合わせライブでした。

前日にライブしていたGlen David Andrewsも一緒に、楽屋前でトロンボーン大集合。




Cha Wa!!!


Rebirth Brass Band!!!

2nd Setは新曲も多く全部わからなかったけど、1st Set(わたしが酔っ払う前ともいう)のRebirth Brass Bandは、

exactly like you
caredonia
all blue
jambalaya
mardi gras in new orleans
i got a woman
i'm walkin'
it's all over now
allways there
do watcha wanna

といったトラディショナル中心のセットリストで、とーーーーってもよかった!

だって、このリズム隊!
とにかく楽しく、幸せな最終夜でした。

ありがとうございました。


翌日、朝の10時にミネアポリスを出発し、翌日の朝8時にニューオリンズ着きました…。

20時間ドライブ。
距離は、函館と福岡くらい。

その3時間後の朝の11時から、バーボンストリートで、ジャズトリオやってきた!

さすがに、身体がちょっと疲れました。笑

【お知らせ】

My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪

https://www.facebook.com/harombone

楽屋に置いてあった、1988年ジャズフェスティバルの写真!カーミットも若い^ ^
トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。

www.harombone.com

Summer Tour 2016 w/Cha Wa / comments(0) / trackbacks(0)
Cha Wa Tour in August : Day 1, 2
6月から毎月ツアーに出かけている、
マルディグラ・インディアンのファンクバンド「Cha Wa」に今月も参加させてもらいました。

8月10日 水
前日、友達の誕生日なので夜中2時まで飲んでいたけど、
頑張って朝4時起きして出発!
初日は9時間ほどかけて、ナッシュビルへ。
Music City Roots -Franklin (Nashville), TN
インターネットテレビの生放送音楽番組に出演しました。



お客さんもたくさん、バンドも4つ出演。

レビュー記事はこちら。(英語ですが。)

http://musiccityroots.com/blog/melting-pot-mcr-8-10-16/

私に関して、
..the band’s not so secret weapon is badass danger lady Haruca Kikuchi on trombone..
と書いていただいています。名前、少し惜しいけれど!

また、動画もあります。
http://youtu.be/e8dsqNXYYgY

最後に、ブルーグラスの大御所の方々と、「聖者の行進」をセッションしたのが楽しかったです!

ショーの後は、ダウンタウン Printers Alleyにある「Skull's Rainbow Room」へ。

バンドの生演奏で踊るバーレスクショーは、アメリカで見た中でいちばん良かった!
(ニューオリンズにもコミュニティーあるし、サンフランシスコでも見たけど、ここのクラブは、バンドとダンサーが完全に一体となったショーだった!素晴らしかった。)

この後、飛び入り演奏させてもらいました。

今度はお客さんで来たい。

8月11日 木
ふたたび6時の早朝出発。
もう1人のインディアン、Spy Boy ”Shotgun Slim” Kevinも合流。

自撮りにいそしむ、インディアン3人組。

Fitzgeralds -Berwyn (Chicago), IL


ニューオリンズ(ルイジアナ州)地ビールのABITAの提供で、フリー野外コンサート。

ガンバも美味しかった! 暑かったけれど、大勢のお客さんと一緒に大パーティーでした。


また、この日亡くなった、Jwanのおじさん Uncle Larry Boudreaux (Spy Boy of Black Eagles) を追悼して、Indian Redというインディアンの曲を演奏しました。

普段からやっている曲ですが、Jwanの説明によると…
「マルディグラ・インディアン(もともとはネイティブアメリカン)の全ては、マルディグラの日(キリスト教の謝肉祭)に始まる。

マルディグラの日は、1年かけて準備したその年のスーツ
(…インディアンの、あの羽の付いた衣装。でも、衣装やコスチュームとは呼ばず、インディアン・スーツと呼ぶのが正しい。…)
を着て、みんなで集まって歌い、
この曲はその日の最後、
無事に帰れるように願いを込めて演奏する。

無事に帰る、というのは家に限らないので、
インディアンの誰かが亡くなった時にも演奏する。」

らしいです。
知らなかった!

【お知らせ】

My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪

https://www.facebook.com/harombone


トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。

www.harombone.com

Summer Tour 2016 w/Cha Wa / comments(0) / trackbacks(0)
Cha Wa Tour in July 2016 : Day 5

7月11日 月

サンフランシスコから車で12時間ほどかけて笑、オレゴン州にやって来ました!



だいたいこんな風景、山、時々牛さん。

"Bend, OR -Volcanic Tqeatre Pub"


Mt. Shasta!!


途中、Weed Cityというのがあって、思わずみんなで写真撮りました。Weed..





サークル部室みたいな、アットホームな雰囲気。



サウンドチェック





最初から最後まで、ずーっと踊ってくれていた子。こっちまで楽しくなりました。

ありがとう!!!



そして、地元のビールを飲みすぎた!
これも、ツアーならでは?笑


【お知らせ】

My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪

https://www.facebook.com/harombone



こうして毎日ライブしています!

トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。

www.harombone.com
Summer Tour 2016 w/Cha Wa / comments(0) / trackbacks(0)
Cha Wa Tour in July 2016 : Day 3 & 4
7月9日 土
一度来てみたかった、サンフランシスコ!

”San Francisco, CA -Brick & Mortar Music Hall”



私たちの演奏の前に、バーレスクショーがありました。



マルディグラとインディアンに因んだ衣装でパフォーマンスしてくれたダンサーさん!



わかりにくいけど、スーザフォンのCliffとお揃いのTシャツ!

また、ライブ前には、ニューオリンズで知り合ったAOさんのお寿司屋さん「Sushi Zone」へ行きました。



翌日は、サンフランシスコの観光案内もAOさんにしていただきました。



日本町があるの、すごい!





化粧水も買えたし、(ニューオリンズには化粧水という概念が無いらしく売ってないので、いつも日本から送ってもらっています…)

ラーメンも食べたし大満足!



AOさん曰く、アメリカで売っているアサヒビールの瓶ビールはカナダで作ってるけど、缶ビールは日本で作ったものを輸入しているから、缶ビールの方が美味しい!らしい!知らなかった。

"Amoeba Music" 町の大きなレコード屋さんにて。

CliffはStooges Brass Bandのメンバー、自分のレコード発見。





Spy BoyのJwanは、自分の所属するTribe "Golden Eagles" と、祖父 Big Chief Monk Boudreaux のコーナーを発見するも、どちらも売り切れ。(すごいね!)



私もちゃっかり、参加したKermitのCD発見!


珍しくレコード2枚買いました。

写真のOscar "Papa" Celestin & George Lewis 1950年の演奏と、

1976年のJazz Festivalのライブ録音レコード。帰って聞くのが楽しみです!



太平洋を見に行き (とても寒くて強風なのに、Jwan泳いでた!)



遊び疲れた1日でした。
AOさん、ありがとうございました。

【お知らせ】

My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪

https://www.facebook.com/harombone



ありがとう、サンフランシスコ!

トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。

www.harombone.com
Summer Tour 2016 w/Cha Wa / comments(0) / trackbacks(0)
Cha Wa Tour in July 2016 : Day 2
7月8日 金
"Calpine, CA -Sierra Valley Lodge"

朝6時に宿を出発し、目指すはカリフォルニア!



こんな景色から始まって、
同じ景色のネバダ州を、時差もまたいで延々13時間くらいドライブでした。

こういう砂漠と山の中に道路を作った人って、すごいですよね。



既に廃墟となったガソリンスタンドに、自然が戻っている。これもすごい。


途中に寄ったサービスエリア兼ガソリンスタンドは、カジノ付き。

ネバダ州は、バーニング・マンという大規模なイベントでも有名で、そのTシャツなども売っていました。

(私はヒッピー祭りと呼んでいる。アメリカ、ヒッピー多すぎて本当に驚く。

ちなみに、ニューオリンズでも、トラッドジャズをやっている街の外から来た白人は半分以上ヒッピーだと思う。正直に言うと、私はそれに馴染めないでいます。。ヒッピーと、ネイティヴ。この辺のギャップは、体験しながら自分流を見つけるしかないな、と日々格闘中。)


インディアングッズもいっぱいあった。
今、インディアンと一緒にツアーしているから、ついつい目に入ってくる。


本日のライブ会場。





今日のライブは、本当にトラブルが多かった。
ここに書いて、色々と誤解が生まれたら嫌なのでうまく書けませんが。

トラブルがあった時に、真剣に怒ったりしても意味がない、特にツアー中はしんどいだけなので、

今回のメンバーが、大人な対応をしつつ、笑い話にして吹き飛ばす度量があって、本当に良かったなと思いました。

お客さんはとても楽しんでくれて良かったな。



余談。
先日、ニューオリンズのトランペット奏者Gregg Staffordの誕生日でメッセージしたところ、

「Hi Haruka, Thank you for your Birthday wishes, I hope U're busy and making lots of people happy with your music. 」

(やっほー、ハルカ! 誕生日のお祝いありがとう!きっと忙しいと思うけど、それって音楽でたくさんの人達を幸せにしているからだらうね。)

という、とても素敵なメッセージをいただいて、私の方が誕生日プレゼントもらった気分です。

やっぱり、人のために音楽演奏したいなと改めて思いました。

色々いい時も悪いときもあるけど、人と交流できるという意味で、ライブが大好きです。

【お知らせ】

My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪

https://www.facebook.com/harombone


帰りの車で、車のライトを消したらどうなるかと消してみたら真っ暗。
(携帯電話の写真なので、全く伝わらないと思いますが…)

トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。

www.harombone.com
Summer Tour 2016 w/Cha Wa / comments(0) / trackbacks(0)
Cha Wa Tour in July 2016 : Day 1

先月に引き続き、マルディグラ・インディアンバンド 「Cha Wa」のツアーに、同行しています。

7月7日 木 【1日目】
”Victor, ID -Music on Main”

朝6時の飛行機で、ニューオリンズを出発!
21世紀最初の冬季オリンピックが開催された地、アメリカはユタ州のソルトレイクシティへ。

自身のドラムセットと、飛行機での運搬が難しいスーザフォンやアンプ、私のトロンボーンも積んで、(ここ数日の仕事は予備のトロンボーンで演奏していました。)

1人でニューオリンズから運転してきた、リーダーのJoeと合流。(Joeは、7月4日にニューオリンズを出発済み。)




ニューオリンズには無い、山がある!
「岩、売ってます」って看板を見たけど、そこら中に転がっている岩は誰のものなのだろう。

そこからさらに車で5時間ほどかけて移動し、初日の会場へ。

お隣アイダホ州のVictorという、山々に囲まれた町での野外ステージ演奏。 -Music on Main


サウンドチェックの様子。




屋台でグリーンカレーをゲット!初日からお米が食べられるなんて涙。





ありがとうございました!

気温40度、湿度100パーセントのニューオリンズからやってきて、

日が暮れたら気温5度、湿度0パーセントのこちら。寒すぎです。今回、ツアー前にバタバタして準備が完璧でなかった…失敗した!

2時間強のステージ演奏を終えて、23時撤収、夜中にホテル到着。
Grand Targhee Resort
grandtarghee.com




暖炉がある!スキー場が近く、冬はスキー客が多いそう。小学生や、中学時代の林間学校を思い出します。



素敵な部屋だったけど、朝6時に出発!次はカリフォルニアまで!

【お知らせ】

My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪

https://www.facebook.com/harombone

トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。

www.harombone.com

Summer Tour 2016 w/Cha Wa / comments(0) / trackbacks(0)