ニューオリンズ在住トロンボーン吹き
Haruka Kikuchi 菊池ハルカ
December 2018
12月1日 土
昼間の天気が良かったので、
Krew Of Jingleというクリスマスのパレードを、息子と一緒に見にいきました。

11月3日生まれの息子、はじめてのお出かけ。

写真は、後日City Parkで見つけたフロート。

息子のために、ビーズもゲットしました!
そしてこの夜から、仕事復帰しました。


1ヶ月ぶりのトロンボーン演奏。

心配していた、音が出ない云々よりも、何よりも、息が続かないのと、身体が戻ってないのとで大変でしたが、

久しぶりのステージは、新鮮でした。

12月3日 月
息子、生後1ヶ月。

お宮参り代わりに、Armstong Parkへお散歩。


ジャズ発祥の地 Congo Square。この場所と歴史がなかったら、息子がニューオリンズで生まれることもなかったと思います。

夜は、久しぶりにOrignal Tuxedo Jazz Band。

Bourbon Streetでは、なにやら撮影もあってお祭り騒ぎでした。

Royal Sonestaも、すっかりクリスマスでした。


ベースのRichard Motenのスケッチしている人がいたよ。素敵。

12月9日 日

いつもお世話になっているBaptipt教会の135周年アニバーサリー!


12月11日 火

Mardi Gras Worldでお仕事。




普段は、Kermitのライブ以外の仕事に参加することはないのですが、

この日は依頼主から、是非Harukaも!と呼んでいただいていた仕事でした。

ジャズフェスで、わたしの演奏を見てくれていたそうです。


今年のジャズフェスの写真。

12月14日 金
大きな湖 Ponchartrain を渡ったニューオリンズの北側 Mandeville にある、
世界最古のジャズホール Dew Dropで演奏でした。

1895年創設。



12月16日 日
Shake'Em Up Jazz Bandのギター担当Mollyちゃんはネコ好きで、

彼女の提案で、近所の猫カフェ(ニューオリンズにもあるんですね)でベネフィット演奏。


Mollyちゃんが描いたポスターも可愛い!

12月18日 火
久しぶりCha Waで、地元テレビの収録がありました。


この様子は、下記のリンクで見られます。
https://wgno.com/2018/12/26/cha-wa-performs-get-on-out-the-way-on-the-twist-stage/


12月21日 金

ほぼ2ヶ月ぶりのFrenchmen st.でのライブ!相変わらず、人がたくさんいました。

12月22日 日

この日のドレスコードは、Saints!!
ニューオリンズのアメフトチーム New Orleans Saintsは、今シーズンなかなか良い活躍を見せていて、

街も盛り上がっています。

12月26日 水

こちらもかなり久々に出演させてもらった、21st Amendament Bar.

12月28日 金

Gerald Frenchのバンドで、バーレスクショーでした。

復帰後、初めてのワンホーンでの演奏で、個人的にはかなり不安でしたが、

バーレスクの現場も久しぶりで、
とても楽しませていただきました。


ブログでは演奏のことや、
ニューオリンズの音楽を書こうと思っているので省きましたが、

この他に、出産後の手伝いに来てくれていた両親と息子を連れて、
できる範囲で、色々とカフェやお散歩も行きました。

これを書いている今も、
正直なところ、全然余裕がないので、

演奏も育児も自信ない中で両立もできていない感じですが、

明日は今年の仕事納め、
カウントダウンライブです!

また、ブログ書きますので、
よろしければ覗きに来てください。

【お知らせ】
My facebook page is here!! (English)
facebookページもやっています。
いいね!してくれたら嬉しいです♪♪
http://www.facebook.com/harombone


わたしは赤ちゃんのお世話が1日の大半なので、触れ合う機会がぐっと減ってしまった…
もう高齢なハムスターなので、
余生を少しでも長く楽しく一緒に過ごしたいです。

トロンボーン: 菊池ハルカ
Trombone: Haruka Kikuchi

ホームページあります。
www.harombone.com


2018 New Orleans' Life / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://haroblog.jugem.jp/trackback/770